食品包装用プラスチックフイルムの種類と性能、用途
このページの最後に移動

CONTENTS

LDPE−−−低密度ポリエチレン
MDPE、HDPE−−−中、高密度ポリエチレン
L−LDPE−−−リニヤー低密度ポリエチレン
メタロセンポリマー−−−メタロセンポリエチレン
EVA−−−エチレン・酢酸ビニル共重合フイルム
その他のPE系シーラントフイルム
CPP−−−無延伸ポリプロピレン
OPP−−−二軸延伸ポリプロピレン
KOP−−−ポリ塩化ビニリデンコートOPP
AOP−−−PVAコートOPP(トーセロ)
PET、KPET−−ポリエステル、Kコートポリエステル
ON、KON、CN−−−延伸ナイロン、Kコートナイロン、無延伸ナイロン
PVA,EVOH−−−ビニロン(ポリビニルアルコール)
PVC−−−ポリ塩化ビニル(塩ビ)
PVDC−−−ポリ塩化ビニリデン、サラン
セロハン−−−PT、MST、Kセロ
ZX−−−ゼクロン(ポリアクリロニトリル、PAN)
PS−−−ポリスチレン、スチロール
AL−−−アルミニウム箔
VMフイルム−−アルミ蒸着フイルム、透明蒸着フイルム
共押出しフイルム−−−コ・エクストルージョンフイルム(ラミナーフイルム)



LDPE−−−低密度ポリエチレン
[性質]
 石油(ナフサ)からエチレンを分離し、高圧をかけて重合するので高圧ポリエチレンともいう。密度は0.90〜0.925。酸素ガス、二酸化炭素などの無機ガスはよく通すが、防湿性は比較的よい。耐水性、耐酸性、耐アルカリ性、ヒートシール性、耐衝撃性、耐寒性に優れるが、耐油性、耐有機溶剤性、耐熱性はよくない。透明性ではあるがわずかに白っぽく、手で引っ張ると伸びやすい。
[用途]
 単体ではゴミ袋、雑貨・食品等軽包装用ポリ袋、スキン包装、冷凍食品、米等の重量物、ショッピングバッグなど、ラミネート用としては菓子、乾燥品、液体食品などの包装材シーラントとして使用される。

MDPE、HDPE−−−中、高密度ポリエチレン
[性質]
 原料は低密度ポリエチレンと同じだが、触媒が異なり、中圧・低圧で重合されるので中・低圧ポリエチレンともいう。密度は0.925〜0.940(中密度)0.940〜0.965(高密度)。ヒートシールはLDPEより高温を必要とするが、その分、耐熱性と腰の強さをもつ。一般にはLDPEよりさらさらとした感触で、白っぽい。ガス遮断性、耐有機溶剤性には劣るが、耐水性、耐アルカリ性、耐酸性、耐衝撃性、耐寒性には優れている。
[用途]
LDPEと同じく、雑貨・食品の軽包装袋などに単体でよく使用されるが、ラミネート用としては、ONやPETと貼りあわせて、高温ボイルやセミレトルトパウチのシール材として使用されることもある。最近はL−LDPEの耐熱タイプや耐熱CPPに置き換えられることが多い。
 一軸に延伸したHDPE(OPE)は透明性もよく、腰もあり、ひねり包装用に利用されている。

L−LDPE−−−リニヤー低密度ポリエチレン
[性質]
 製造法や添加剤の工夫により、一般のポリエチレンより分子の枝分かれが非常に少ない低密度ポリエチレンを製造することができる。これをLLDPEといい、添加剤の炭素数によりC4、C6、C8などの種類がある。特徴は大きな強度、ホットタック性、夾雑物シール性、耐衝撃性などで、EVA15%並の超低温シールタイプ、一般タイプ、セミレトも可能な耐熱タイプなどがある。外観はLDPEと区別できない。
[用途]
 ラミネートフイルムのシーラントとしては次のような用途に使用される。
強度、耐衝撃性−−−重量物包装・液体包装
ホットタック性−−−高速自動充填、タテピローによる重量物包装、ガスフラッシュ充填包装
夾雑物シール性−−−粘体自動包装、粉末包装

メタロセンポリマー−−−メタロセンポリエチレン
[性質]
カミンスキー教授らが発見したシングルサイト触媒を用いて製造したLDPEで、分子量分布にバラツキがないために臭気、べたつき、ブロッキングなどの短所が少なく、耐衝撃性、低温シール性、ホットタック性、耐寒性などに優れている。L−LDPEに取って代わるものとして期待されている。
[用途]
 LDPE、L−LDPEの用途がそのままメタロセンポリマーに置き換わろうとしており、近い将来、代表的なPEとして成長しているはずである。

EVA−−−エチレン・酢酸ビニル共重合フイルム
[性質]
 エチレンと酢酸ビニル(ビニルアセテート)を共重合し、LDPEのヒートシール性、耐衝撃性を改良したもので、外観はLDPEとほとんど変わらない。酢酸ビニルの配合比率が大きいほど低温シール性、耐衝撃性、弾性が大きくなる。一般には5%または7%のものが使用されるが、3%、10%以上もある。しかし、酢酸ビニルの比率が大きいほど特徴はよくでるが、まれに酢酸臭がすることもあるので注意が必要である。
[用途]
一般にはLDPEと同じく、OPPやKOPとのラミネート構成で一般乾燥食品の包装、ONやPETとラミネートして漬物、佃煮、水煮、たれ小袋などの包装に使用される。低温でシールできるためシールの失敗が少なく、高速自動包装、ガス充填包装、脱酸素剤包装に適している。また、液体包装でも破袋の危険性が軽減できる。LDPEとともに一般的なシール素材であるが、ボイル適性はLDPEより劣る。

その他のPE系シーラントフイルム
 アイオノマーPE:SURLYN(サーリン)という商品 名で有名であるが、ポリエチレンの分子内にカルボニル 基を導入し、ナトリウム、亜鉛などの金属イオンでイオ ン結合をさせたもので、低温シール性、ホットタック性、 金属に対する接着性に特徴がある。ハム、深絞り包装な どに使用されている。しかし、この樹脂は高価なので最 近はLLDPEやEAAなどにとってかわられつつある。
EAA:エチレンとアクリル酸の共重合樹脂。金属に対す る接着性、低温シール性、ホットタック性に特徴があり、 主に押出しラミ用に、化粧品、香辛料、医薬品、液体紙 容器などの接着層あるいはシーラントとして使用されて いる。しかし、特有の樹脂臭については注意が必要であ る。
EMAA:エチレンとメタクリル酸との共重合樹脂で、性質はサーリンやEAA樹脂とよく似ている。押出しラミネート用のグレードが多い。EAAと同じく樹脂臭に注意が必要である。

CPP−−−無延伸ポリプロピレン
[性質]
 石油(ナフサ)を分解して得たプロピレンを重合したのがポリプロピレン(PP)である。比重が0.88〜0.91でプラスチックでは最も軽い。LDPEにくらべて防湿性、透明性、腰の強さに優れている。逆に、柔軟性に欠け、耐衝撃性に劣る。耐寒性は−20℃以下になると脆くなる。耐候性もLDPEより劣る。耐薬品性には優れているが、油成分は透過させやすい。酸素ガス、二酸化炭素などの無機ガスはよく透過させる。LDPEと並んでよく使われるシール素材である。
[用途]
 一般に、単体使用ではホモポリマーが、ラミネート用にはエチレンを共重合したコ・ポリマーが使用される。単体で雑貨などの軽包装、繊維包装、めん類・パン包装、ピーマン、もやしなど、OPP/CPPやKOP/CPPとして軽包装、菓子包装などに多く使用されている。また、120℃〜130℃のレトルトパウチのシーラント、蒸着フイルム、静電気防止タイプ、低温シールタイプ、耐寒タイプなど種類は多い。

 このページの最初に移動このページの最後に移動

OPP−−−二軸延伸ポリプロピレン
[性質]
 CPPの厚手フイルムから、たてよこの二軸に延伸し、引っ張った状態で熱をかけて固定したものがOPPフイルムである。一般には20μから60μまでが包装用として用いられる。延伸したOPPフイルムはCPPにくらべて伸びにくく、腰があり、引張強度、防湿性、透明性など多くの性能が向上する。そのかわりヒートシール性が悪くなるのでシーラントとしては使用できない。ポリプロピレンの基本的な性質はもっており、腰の強さ、透明性、防湿性に優れるが酸素ガスはよく通す。
[用途]
 単体では乾燥食品用としてのパートコート袋、雑貨・繊維包装の溶断シール袋が比較的安価な袋として多く使用されている。ラミネートフイルムとしては、雑貨、乾物、米菓、キャンデー、インスタントラーメン、アイススティックなどにOPP/CPP、OPP/PEとして幅広く使用されている。ガス遮断性はよくないので、長期保存、脱酸素剤封入包装、ガス充填包装には適さない。
蒸着OPP、ヒートシール性OPP、強静防タイプ、高防湿タイプ、高透明タイプ、シュリンクフイルム、マット調フイルム、パール調フイルム、易接着性OPP、易カット性OPP、防曇OPPなどの機能性タイプも多い。

KOP−−−ポリ塩化ビニリデンコートOPP
[性質]
 OPPの片面または両面にポリ塩化ビニリデン(PVDC樹脂、サラン樹脂)をコートしたもので、これをKコートOPP、つまりKOPと呼んでいる。PVDC樹脂をコートすることによってガスバリヤー性、防湿性、保香性などが優れたものになる。現在では20μ、25μ、30μが多い。また、コートするPVDC樹脂の純度によってハイバリヤー性のもの、超ハイバリヤー性のものなどがあり、目的によって使い分けられる。
[用途]
 KOP/CPP、KOP/PEなどの構成で、乾燥食品のガス充填包装、脱酸素剤封入包装、防湿包装、漬け物、板こんにゃくなど広い範囲で使用されている。また、両面コートタイプはK面同士でヒートシールできるようになっており、まんじゅうなどのオーバーラップ、ピロー包装に使われる。

AOP−−−PVAコートOPP(トーセロ)
[性質]
 OPPの片面にPVA(ポリビニルアルコール)をコートしたもので、酸素遮断性に優れている。高防湿OPPを使用しているので防湿性にも優れている。KOPに変わる脱塩素バリヤーOPPとして期待されている。
[用途]
 PVAコートのため、水分活性の高い商品では酸素バリヤー性を維持できず、用途は酸化しやすい乾燥食品のガス充填包装、脱酸素剤包装などに限定される。

PET、KPET−−ポリエステル、Kコートポリエステル
[性質]
 ポリエステルフイルムは二軸延伸されており、強靭さ、耐熱性(150℃)、耐寒性(−70℃)、香気保存性に特徴がある。油、酸には強いが、カセイソーダやアンモニアなどのアルカリには劣化する。ガス遮断性、防湿性、耐衝撃性は良いとは言えない。KPETはKOPと同じく、片面にKコートしたもので、ガス遮断性および防湿性が非常によくなるが、レトルトはできない。
[用途]
 PET(12μが一般的)は耐寒性、耐熱性が良いので冷凍食品、ボイル用、レトルトパウチに、香気保存性もよいのでコーヒー、紅茶、香辛料などの包装に、シーラントフイルムを貼り合わせて使用される。KPETフイルムは防湿包装、ガス充填包装、脱酸素剤封入包装に、最近ではインスタントラーメンの包装にもよく使用されている。PETにアルミ蒸着したものはバリヤー性が非常に良く、包装用蒸着フイルムではもっとも多く使用されている。
 機能性PETとしては蒸着PET、透明蒸着PET、静防PET、収縮PET、易接着性PET、マット調PET、高透明PET、ハイバリヤーKPET、紫外線カットKPET、ボイル用KPETなどがある。

 このページの最初に移動このページの最後に移動

ON、KON、CN−−−延伸ナイロン、Kコートナイロン、無延伸ナイロン
[性質]
 ナイロンにも各種あるが、一般に包装用として使用されているのは二軸延伸されたNY6である。水蒸気透過は大きく、ガスバリヤー性は80%RH付近ではPETと同じぐらいである。耐寒性(−70℃)、耐熱性(レトルトで120℃)、耐衝撃性、耐ピンホール性に特徴がある。KONはKコートしてバリヤー性を改善したもので、片面3μ程度のコーティングである。東洋紡にはOSMというバリヤー性ナイロン(MXD)もある。NY/MXD/NYの共押出ONはKONの代替として注目されている。
 CNは延伸していないナイロンで伸びやすい。
[用途]
 ON/EVA、ON/L−LDPE、ON/耐熱CPPなどの構成で冷凍食品(耐寒性)、ボイル・レトルトパウチ(耐熱性)、液体小袋・山菜水煮(耐衝撃性)などに、耐ピンホール性を利用したものではON/AL/PE、KON/L−LDPEなどの構成で、コーヒー豆等の包装に、また優れた強度をもつので米、業務用の重量物包装等に利用されている。KONは脱酸素剤封入包装、ガス充填包装、防湿包装などに利用され、またレトルト用もある。
 CNはCN/PE、KCN/CPPなどの構成で深絞り包装の絞り材として使用されている。ナイロンの共押出しチューブも未延伸である。

PVA,EVOH−−−ビニロン(ポリビニルアルコール)
[性質]
 繊維として使用されているビニロン(ポリビニルアルコール)をフイルムにしたもので、乾燥状態ではプラスチック中最もガス遮断性に優れたフイルムであるが、水に弱いという欠点もあり、両面に耐水加工をして使用することが多い。食品用PVA系フイルムとしては、PVAを延伸したもの(ボブロン)、これにKコートしたもの(OV)、PVAとエチレンを共重合したもの(EVOH)、これを延伸したものなどがある。
[用途]
 一般にはPVA系をサンドイッチにした3層構成で使用されるが、OVはシーラントを貼り合わせた2層構成、延伸EVALやボブロンも2層で使用されることもある。ガスバリヤー性が優秀なので、油脂性食品・味噌・漬物などの酸化・変色防止包装、けずり節・お茶・ハム・チーズなどのガス充填包装、脱酸素剤封入包装、真空包装、香気保存包装など。水蒸気遮断性は良くないので防湿包装には向かない。

PVC−−−ポリ塩化ビニル(塩ビ)
[性質]
 PVCの種類には硬質と軟質があり、PVCフイルムは可塑剤の種類と量によって大きく物性が異なり、用途によって使い分けられる。硬質フイルムは引張強度、腰の強さはセロハンに似ており、機械的性質は良好である。軟質フイルムは可塑剤が多く添加されている。伸び、引裂強度が大きく、強靭なフイルムであるが、すべり性が悪く、腰もないので使いにくい。ガスバリヤー性、防湿性ともにあまり良くない。塩ビは温度の影響を受けやすく、夏は柔軟で強靭であるが、冬は硬くて脆弱である。
[用途]
 硬質塩ビのシートは成形性がよく、食品用のトレイや容器、ブリスターパックなど、薄手のフイルムでは繊維や雑貨の包装に、収縮塩ビとしてシュリンク包装、ラベルやキャップシールなどに使用されている。軟質では繊維や雑貨の包装に、スーパーなどでラップフイルムとして大量に使用されている。

PVDC−−−ポリ塩化ビニリデン、サラン
[性質]
 我国でPVDCを生産しているのは呉羽化学工業と旭化成の2社である。PVDCはPVCに比べて倍の塩素量がくっついているもので、外観、燃焼状態も両者は区別できない。ガスバリヤー性、防湿性、保香性などについてはPVDCのほうがはるかに優れている。KOP、KPET、KONなどの「K」の部分はPVDCがコートされたものである。
[用途]
 ラップフイルムの「サランラップ」(旭化成)、「クレラップ」(呉羽化学工業)は家庭でもなじみが深い。このほかハム・ソーセージなどのロケット包装は収縮タイプのPVDCが多い。ラミ用フイルムにはケイフレックス(呉羽化学工業)、サラン−UB(旭化成)があり、ON/PVDC/CPPなどの構成でレトルトパウチに使用される。共押出フイルムも両社から各種出されている。最近はダイオキシンの発生源になるとの指摘があり、PVDC,PVCともに敬遠される傾向にある。

セロハン−−−PT、MST、Kセロ
[性質]
 セロハンは、レーヨンと同じく、パルプをカセイソーダに溶かしてビスコースをつくり、これを酸の溶液にフイルム状に押出し、再生セルロースに変化させたものである。何も表面にコートしていない普通セロハン(PT)の性質は透明な紙そのものである。吸水性があり、水で膨潤する。水蒸気は非常によく通すが、帯電性はなく、油も通さない。普通は10%前後の水分を含むが、乾燥すると脆く破れやすい。吸湿すると柔らかく腰がなくなる。透明性がよく、熱では融けずに焦げる。ガスバリヤー性は良くない。防湿セロハン(MST)はPTの両面にPVCコートしたもので、耐水性、防湿性、ヒートシール性を付与したものである。KセロはPVCの代わりにPVDCをコートしたもので、MSTよりさらにバリヤー性を向上させたものである。
[用途]
PT−−−PT/CPP、PT/AL/PEは包装機適性、 手切れ性が良い。乾物包装、医薬品包装。
MST−−ひねり包装、オーバーラップ包装、ピロー包装、 茶袋(ラミ)など。
Kセロ−−茶袋、味噌袋、医薬品包装、漬物袋、香辛料な ど。

ZX−−−ゼクロン(ポリアクリロニトリル、PAN)
[性質]
 ゼクロンというのは三井化学の商品名である。フイルムはラミネートして、シートは各種容器に成形して使用される。バリヤー性をもつ成形性のよい樹脂という点に特徴がある。手触り、外観、耐熱性は硬質塩ビに似ているが、ガスバリヤー性、保香性に優れている点が塩ビと大きく違う。また、成形性は塩ビ以上という評価がある。しかし、水蒸気遮断性は塩ビより劣るので防湿包装には不適である。塩ビと同じくヒートシールも可能なのでラミネートフイルムのシーラントとしても使用できるが、シール適性はPEやCPPより劣る。
[用途]
 ガスバリヤー性が良いためにバウムクーヘン、カステラ、畜肉、生魚、味噌などのガス充填包装や脱酸素剤包装に使用されている。医薬品、芳香剤、石油系薬品にも適している。シートは容器に成形されるが、フイルムはPET/ZX、ON/ZX/EVAなどの構成で使用されている。

 このページの最初に移動このページの最後に移動

PS−−−ポリスチレン、スチロール
[性能]
 発泡スチレンはおなじみであるが、クリアーなフイルム(GPPS)は硬くて脆い。耐衝撃性を向上させるためにゴム系樹脂をブレンドしたハイインパクトPS(HIPS)や、延伸したポリスチレン(OPS)もある。PSはガスバリヤー性、水蒸気遮断性ともに悪い。また、有機溶剤に溶けやすい。
[用途]
 ガス透過性が大きいので呼吸する野菜・果物などの包装に適しており、鮮度保持フイルムとして利用されている。また、透明性を生かしてカートン、封筒などの窓つき包装もある。ポリスチレン製容器の密封シールにはPS(HIPS)単体、PET/PS、OPP/PSなどが使われる。

AL−−−アルミニウム箔
[性質]
 いうまでもなくアルミニウム箔は金属でありガスも水蒸気も全く通さないが、30μ以下の厚みではピンホールの影響のため完全なバリヤー性をもつというわけにはいかない。しかし、一般に使われている7μや9μでも、他のプラスチックとラミネートすれば今まで述べたどのプラスチックフイルムよりもバリヤー性ははるかに優れたものとなる。その他保香性、遮光性、耐熱性などもほぼ完全である。
[用途]
 レトルトパウチの代表的な構成はPET12μ/AL9μ/耐熱CPP60μで、適切な条件で加熱加圧殺菌すれば、商業的には無菌状態が長期的に保てることになる。その他、防湿包装、遮光包装、ガス充填包装、脱酸素剤包装などに最高のバリヤー材として広く使用されている。またアルミ箔はデッドフォールド性に富んでいるので、単体で、あるいはセロハン、紙、プラスチックと貼合わせてひねり包装や型付け包装に利用されている。ショートケーキの下に敷かれているアルミ箔は硬質箔で、腰があり、両面光沢が多い。

VMフイルム−−アルミ蒸着フイルム、透明蒸着フイルム
[性質]
 アルミ蒸着フイルムとはアルミニウムを高真空状態で加熱蒸発させ、その蒸気をフイルム表面に付着させたもので、美しい金属光沢を持ち、バリヤー性を向上することもできる。蒸着膜の厚みが500オングストローム(0.05μ)と非常にうすいので、フイルムの種類によって、あるいは加工方法によって性質が異なったり、ばらつきが生じたりするので、使用に際しては注意しなければならない。MSTや紙に蒸着したものはバリヤー性は期待できない。OPP、CPP、PEに蒸着したものは防湿性は優れるが、ガスバリヤー性は劣る。バリヤー材として最もよく使用されているのがVMPETで、ガスバリヤー性、防湿性ともに優れており、VM膜とPETとの密着強度も大きい。またVMフイルムには部分蒸着や窓抜き加工もできる特徴がある。最近はガラスと同じ成分の珪素酸化物や、金属酸化物(アルミナ)を蒸着した透明蒸着もあり、酸素、水蒸気ともにハイバリヤーな透明フイルムとして広がりつつある。
[用途]
 MSTや紙への蒸着品は金属光沢で商品の高級化に役立ち、OPP、CPP、PEの蒸着品は冷凍食品、アイスキャンデー、菓子などの防湿包装にも利用されている。VMPETはバリヤー材として2層または3層で防湿包装、ガス充填包装、脱酸素剤封入包装、液体小袋などに用いられている。透明蒸着フイルムはレトルトまで使用できるグレードもある。

共押出しフイルム−−−コ・エクストルージョンフイルム(ラミナーフイルム)
[種類・性質・用途]
 共押出しフイルムというのは異種の樹脂を平行した2つ以上のスリットから共に押出し、成膜すると同時にラミネートまでされているというものである。フイルム状にできないような数μという薄いものでも最大5〜7層まで積層可能なので、いろいろな性能・用途のフイルムがつくられている。最近特に種類、量ともに増加の傾向にある。延伸したフイルムも多い。ただし、共押出しの層と層の間に印刷などの加工はできない。種類が多いので数例を列挙するにとどめる。
(PP・PE系)
特殊PE/PP/特殊PE−−−−MST代替
耐熱PP/低温シール樹脂−−−−OPP/PE代替
OPP/PP−−−−−−−−−−OP/CP防曇も有り
特殊PP/PE/EVA−−−−−イージーオープン用
(EVOH系)
NY/EVOH/EVA−−−−−加熱成形用
LDPE/EVOH/LDPE−−深絞りバリヤー材
(PVDC系)
EVA/PVDC/EVA−−−−チルドビーフ収縮包装
OPP/PVDC/PP−−−−−KOP代替
(NY系)
LDPE/NY/アイオノマー−−耐油性包装
NY/PE/NY/PE/LLDPE−−−チューブ
NY/MXD/LLDPE−−−−ガスバリヤー性良好
NY/PP−−−−−−−−−−−レトルト用
(PS系)
HIPS/HDPE−−−−−−−カップ容器
GPPS/HIPS−−−−−−− 〃


 代表的な紙の種類としてはクラフト紙、上質紙、純白、奉書紙、グラシン、レーヨン紙、化繊紙等がある。
クラフト紙・・・・PEをコートして、肥料、砂糖、樹脂等の重包装袋として用いられる。
上質紙、純白・・・PE,AL箔等をラミネートして、薬品、茶、シャンプー、ふりかけ等の軽包装用として用いられている。
グラシン・・・・・PEコートして、油性食品、薬品、菓子類等の軽包装に用いられる。グラシンは、パルプを細かく砕いて透明感を向上させた紙で薄葉紙の一種である。
レーヨン紙・・・・パルプ20%、レーヨン紙80%の混合で、PEコートして洋菓子、まんじゅう等の包装によく用いられている。
化繊紙・・・・・・パルプ40%、レーヨン紙60%の混合でレーヨン紙よりはパルプの性質が強くなる。
奉書紙・・・・・・パルプの繊維が固くてややあらい。包装用としては腰があり、PEをラミネートして用いる。
 いろいろな紙が食品包装ラミネート用として使用されているが、一般には高級感、厚み感、腰の強さを利用したもので、バリヤー性は全くないと考えたほうがよい。紙/PE、紙/PVDC、紙/PET/PE、紙/PE/AL/PE、MST/PE/紙/PE、レーヨン紙/PE、レーヨン紙/KPET/PEなどの構成で、医薬品、砂糖・食塩・小麦粉等の粉末、菓子、お茶などの包装に使用されている。不透明であるが光はかなり透過させる。


 このページの最初に移動

前のページに戻る