〜粘土で人形作り方〜

ミニチュアの小物に合わせたサイズの人形を作ろう!
1/12が基本サイズだそうです。


試作品 第3号!

粘土の人形
  「お散歩の風景」
ダイソーの軽量紙粘土(ソフト粘土)でミニチュアの「ドールハウス用に人形を作れる?」 と言われたので「出来るよっ」と安請け合いしてしまいました。
以前どこかのサイトで作り方が載っていたハズなのですが、見つからなかったので 自己流デタラメ人形作りのはじまりです。

<作るにあったっての、要望は以下の通り>
サイズは1/12 (女の子で13cmくらい)
手足長く
エロは厳禁!
顔は任せる(これが大問題でした)
自立出来る
タダもしくは実費で作れ!
で制作、1号と2号が却下されて画像のしろものが3号でしぶしぶ合格を頂きました。
男の子の左腕が長いのはご愛嬌です。

(画像の犬はサイズ比較用チョコエッグ柴犬です)


軽量紙粘土「人形の顔」作り方 

粘土の人形顔 平面の顔
大きさは10円玉が細くなったぐらい。
上左から楕円状の真ん中を凹ませる。
上右でおでこをナダラかにして鼻先をつまむように盛り上げる。
下段左で目と口の位置をきめる。(紙をとめるクリップのアール部分を押し付けて凹ませています)
最後にスパチュラ(造形道具)や竹串で整える。
ここまで5分程度、ひび割れてきらた表面を水で湿らせてください。 出来たら、乾くまで半日ほど放置。

出来れば高級粘土を使用、無理なら「ダイソーかる〜いパステルカラーねんど」。伸びの良い粘土ほど仕上がりが綺麗になります!

粘土の人形頭
顔が乾いたら裏面をすこし濡らして、頭をくっつけます。ついでに耳も
画像では境目が分かるように色違いの粘土を使っております。顔と同じ色にしたほうが綺麗に仕上がります。
後ほど貼り付ける髪の毛と同じ色で頭を付けるのも良いです。髪貼りが楽になります。

粘土の人形植毛
軽量粘土を薄く延ばして切り、頭部を濡らして貼り付けていきます。
乾いたのを切り貼りすると直毛のような表現に、湿ったのを切り貼りするとクセ毛のようになります。
その他、頭部を髪色で作りモコモコを付ければサザエさんカットなども出来上がります。


今回、軽量紙粘土(ソフト粘土)で作る顔の作り方としてベストでは到底ありません。
「簡単で道具問わずでそれっぽい顔作り」のヒントになれば良いのですが…。
他に試したもの、ドールアイはBB弾を塗装して仕込んでみましたがグロイ!手間隙かかりすぎでボツ。
目も粘土でするには、モデルマジックくらい薄く伸びがないとダイソー紙粘土では厚ぼったくなってボツ。
手描きの目玉はお気に入り。白目塗って、目じりと目頭に黒、光彩に瞳にハイライトで出来上がり。 細い筆があれば簡単です(塗料はアクリル絵の具を使いました)。


粘土人形作り方 〜おおまかな流れ〜

粘土の人形下絵 下絵
高さ13cmくらいの、実際に作る人形の大きさに合わせた下絵を描いておきます。
直立なら正面だけでOKです。ポーズを付ける時は横からの下絵もあると作りやすくなります。

粘土の人形パーツ パーツを作る
○手足は下絵より少し長めに作り、乾いてからハサミで長さを調節しています。
○半袖・半ズボンは肌色で手足を作り乾いてから、袖やパンツの裾を巻くように取り付けています。
長袖・長ズボンは服の色粘土でそのまま作り、手のひらと靴を取り付けます。
○胴体は下絵より、細めに作っています。服を着せるためです。
靴は自立させたいので大きめ、でもなかなか立ってくれないので両面テープをこっそり使用。

ポイント?
肘と膝の裏側をすこし凹ませる。膝下をすこし曲げたりするでけでも雰囲気が変わります。 やりすぎるとますます自立しなくなるので注意。
以上、ボディパーツはダイソー紙粘土で十分作れます。

粘土の人形素組 服を着せる
○下の画像の状態の粘土パーツを柔らかいうちに貼り付けています。
○首と靴底から足首にはシルクピン(マチ針の頭が無い細い針)で仮どめしているだけ。飽きっぽいので付け替えするために。
○腕と肩の接続時に、腕の付け根の方を肩に沿うようにナナメに切ります。バランスに注意して木工用ボンドで接着します。

粘土の人形服 服は平らに伸ばした粘土を、画像の状態に切って貼り付けております。
ダイソー紙粘土を使うなら粘りの良いやつがベスト。粘りがないときはアーチスタソフトとかの高級粘土を混ぜると薄〜く出来ます。
ほかに、
フェルトや布も木工用ボンドを使えば、張り付きます。ただし重い布は軽量粘土人形には耐えられません!

最後に、組み立ては木工用ボンドや軽量粘土を接着剤として使っています。
髪も毛糸やドール用植毛も使えます、服や小物も「紙・布・ビニール」となんだって使えます。 顔だけ粘土でボディは市販品を使えばオリジナルアクションドールの完成です。やり放題なのです。
へなちょこ人形作りお勧めです。



手作り粘土細工の日々録 のTOPへ戻る ・  Noteless Frog のTopへ戻る